クレジットカードでも債務整理

クレジットカードの支払いが出来ずに債務整理って…

クレジットカードの場合でも債務整理が可能


クレジットカードを使ってショッピングされる方も多いことでしょう。
キャッシュレスでお支払できてとても便利ですが、そのときのお支払い方法の一つであるリボ払いは毎月最小返済額で良いので便利なように見えて、ご利用総額が見えにくくなったり、返済が長期化してしまう欠点があります。
毎月の返済額が少ないのでつい使いすぎてしまうことがあるのです。
多額の借金を抱えてしまうケースは消費者金融などが多いですが、クレジットカードのショッピングでも債務整理が可能です。
弁護士に相談されると債務整理の一つである任意整理という方法で今後の金利をカットしてくれるように交渉してくれます。
任意整理で清算するめどは原則3年となります。
任意整理をしますと信用情報に傷がついてクレジットカードの作成や新規のローン利用が制限されてしまいます。
ですが5年もすればクレジットカードはまた作れるようになります。
クレジットカードの債務を完済できる目処がつくというのは大きいのではないでしょうか。
また、20%を超えるような高い利息でキャッシングしていた場合は過払い金請求することで払いすぎた利息分が戻ってきます。
ショッピング、キャッシングあわせて過払い金のほうが多ければ債務を完済できるうえに、さらに差額が戻ってきます。
最近のカードでは利息を18%に下げている場合がほとんどなので、古いカードで18%を超える利息をお支払いしていましたら、一度借金問題の専門家に相談してみると良いでしょう。

About