クレジットカードでも債務整理

クレジットカードの支払いが出来ずに債務整理って…

債務整理である個人再生ならマイホームを残せる

  • Home
  • ノウハウ
  • 債務整理である個人再生ならマイホームを残せる

多額の借金を抱えてしまった。
そんなときは借金問題の専門家が債務整理をお手伝いしています。
債務整理と言っても任意整理や自己破産、個人再生、特定調停といろいろな手続き方法があります。
個人で手続きを行ったり、債権者と交渉するのは大変困難です。
手続き方法を調べるだけでもかなりの時間を必要としますので、専門家にお任せしたほうが良いです。
借金返済のためにマイホームを手放さなければならないといった場合は個人再生が最適です。
この手続きなら原則、債務が5分の1に減額されたうえで、その債務を3年でお支払いしていきます。
3年の返済が無理であると判断された場合は5年まで延長可能です。
自己破産ではマイホームを手放さなければなりませんが、個人再生ではマイホームは残したまま手続きを行えます。
家族とともにマイホームを失ってしまい、路頭に迷うことがありません。
定期的な収入があればパートでもアルバイトでも可能です。
借金の原因がギャンブルでも可能です。
なにかとメリットのある個人再生ですが、裁判所に申し立てをするので手続きに手間がかかります。
ブラックリストに載ってしまい、ローンのご利用やクレジットカード作成が当分の間出来なくなります。
官報に公告がなされますが、官報を見ている人はあまりいないと思われますので大丈夫でしょう。
自己破産では借金はすべて無くなり新たなスタートができますが、ほとんどの財産を無くしてしまうので、専門家によく相談したうえで、これしかないという時以外は選ばないほうが良いです。

About