クレジットカードでも債務整理

クレジットカードの支払いが出来ずに債務整理って…

ローンの債務整理の方法とは


ローンなどの支払が、現状のままでは難しくなりそうな場合、なんらかの債務整理を考えたほうが良いケースがあります。
債務整理というと破産を申し立てて免責を受けるということを1番に頭に描きがちですが、債務整理は破産だけではありません。
破産は財産を持っていない人や、どう頑張っても返済出来ない、借金によってこのままでは人間らしい生活すら営めないという人にはメリットが大きな救済方法です。
しかし不動産などの財産を持っている人であれば、破産によって手放さなければならなくなるという大きなデメリットがあります。
また職業によっては破産宣告を受けた事実が一定期間制限されるなどもありますので、メリットデメリットを知って「自分にとって選択すべき債務整理の方法なのだろうか。」ということを熟考しなくてはなりません。
返済方法を変える、もしくは利息分を考慮してもらう、これで完済が出来るよう場合に選択すべきは、弁護士や司法書士といった専門家を代理人として債権者と示談交渉してもらう任意整理です。
場合によっては交渉の中に、過払い金返還請求やグレーゾーン金利分元金充当などの手続きも含まれてきます。
このことにより今ある債務を減額することが可能となるケースが多くなっています。
他には裁判所に間に入ってもらい、債権者と払い方変更の交渉などを行うことで完済方法を取り決める特定調停。
もし自分名義でなおかつローン支払中の家を持ってるのであれば、その家を手放さず払い方を変更し、その取り決めに応じた返済額と返済方法で支払ってゆく個人再生などがあります。
これらは「払うこと」が前提となっています。
債務整理イコール自己破産ではありません。
全く支払の義務から解放される自己破産は、債務整理を考えるときには最終手段と据え、自分にあった債務の整理方法を専門家と共に考えましょう。

About