クレジットカードでも債務整理

クレジットカードの支払いが出来ずに債務整理って…

債務整理の意味について


債務整理の意味は、法律に基づいて借金を整理する制度です。 債務整理という制度がある事で行き詰まった債務者が、生活をやり直す事が出来るようになります。

借金というと、ギャンブルや過度な浪費といった個人の落ち度からくる借金をイメージされる方が多いかも知れません。 しかし、借金には不慮の事故、親の借金、連帯保証人といった外部要素からくる借金も存在します。

完全に本人に落ち度が無いとは言い切れませんが、このような外部の要因から不運にも借金を抱えた場合、債務整理の制度が無ければ、社会復帰すらままならないでしょう。 このように視点を変えると、債務整理の救済措置という本来の意味を理解出来るのではないでしょうか。

自己破産などは一見、すぐに借金が帳消しとなり、借金返済の義務から逃れられるように映ります。 しかし、実際は一定額以上の財産、資産があれば処分しなければいけません。 それが持ち家、車、宝飾品、退職金であっても処分です。 そして自己破産は、7年間同じ手続きが出来ません。 クレジットカードやローンは数年間は利用が難しくなるペナルティも存在します。 このように現実の自己破産には、それ相応のペナルティも存在しており、それほど手放しで喜べる制度ではないのです。

ただ、返しきれない債務を抱えており、返済の見込みが無い場合は、この救済制度を利用すべきです。 借金整理に必要な費用については、一度に全てを支払う以外の方法が存在します。 依頼する専門家の中には、後払い、分割払いも可能なケースもあります。 債務整理の意味をしっかり把握した上で、自分に必要と感じたら、早期に手続きを行い借金を整理して、生活をやり直すべきでしょう。

About