クレジットカードでも債務整理

クレジットカードの支払いが出来ずに債務整理って…

債務整理後の借金の返済期間について


債務整理は、自己破産のように手続き後、借金が全て帳消しとなる手続きだけではありません。

任意整理や個人再生といった手続きは、自己破産とタイプが異なり、借金減額がメインの手続きです。 よって基本、手続き後に借金が残るケースが多いです。 任意整理や個人再生で、借金を減額した後、返済計画、再生計画が認められると3年から5年で残った借金を完済する事になります。

3年から5年というのは、延長期間も考慮した期間となります。 つまり、3年から5年で完済出来ない借金の場合、任意整理と個人再生の手続きを行えません。 自己破産を検討する事になります。

このような事を考慮すると、借金が少ない間に、債務整理に踏み切る方が良いとわかるようになります。 自己破産は財産、資産を処分しないといけない手続きですから、出来れば避けたい債務者の方もおられるはずです。 大事な持ち家や自動車などを守る為にも、早期に弁護士または司法書士に債務整理の相談を行うべきでしょう。 これだけで任意整理と個人再生を選択出来る確率が高くなります。

早く債務整理の相談を行い、任意整理と個人再生を選択出来れば、返済期間を長期間に設定して、負担のない緩やかな返済計画を立てる事が可能となります。 減額された借金が少額で、返済期間も長ければたとえ債務整理をしたとしても、負担のない生活を送る事が可能です。 もちろん取り立てや督促はやってきませんので、限りなく普通の日常を送る事ができます。

債務整理をしても借金が残る事もあり、返済期限が決っている事を考慮した上で、借金問題に取り組めば早期解決がベストだとハッキリします。 債務者の方は、早めに行動し負担の少ない形で生活を立て直していきましょう。

About