クレジットカードでも債務整理

クレジットカードの支払いが出来ずに債務整理って…

債務整理の後の住宅ローンについて


債務整理をすると住宅ローンを組むことができないといわれることが多いですが、実際のところはどうなのでしょうか。債務整理をすると信用情報として登録されることになります。借金を踏み倒したということですから、もちろんですが審査についてはマイナスになります。考えてみれば当然のことだといえるでしょう。
ですから、普通に考えれば住宅ローンを組むことはできないのです。ただ、信用情報は審査の基準のひとつでしかありません。ほかの条件が十分であれば審査に通ることも珍しいことではないと言えるでしょう。信用情報は5年から10年で消去されるのが一般的です。ですから、信用情報機関からは情報がなくなります。金融機関が独自に保有している情報があればそれによって審査に通らなくなる可能性もありますが、信用情報機関から情報が消去されれば、いくつかの金融機関を回れば審査に通る可能性は高くなります。
債務整理といっても、たとえば過払い請求だけであれば信用情報には影響を与えませんから、審査には影響しません。少し前までは過払い請求だけでも信用情報として登録されていたようですが、最近では過払い請求では信用情報として登録されないことになっています。ですから、過払い請求し貸していないのであれば、信用情報機関に情報が登録されることはなく、審査には影響を与えないと考えられるのです。
債務整理をすれば住宅ローンを組みにくくはなるのですが、絶対に組むことができないわけではないのです。

About