クレジットカードでも債務整理

クレジットカードの支払いが出来ずに債務整理って…

キャッシングで100万超えて厳しいなら債務整理


キャッシングを利用して借金が100万を超えて返済が厳しい場合、債務整理してください。 債務者の収入や生活状況にもよりますが、100万近辺が債務整理を行うべきラインとなっています。 これ以上借金を増やした後で債務整理を行うと、自己破産が近くなるという意味です。

債務者の中には債務整理で任意整理、個人再生ではなく、自己破産のほうが借金が帳消しとなる為、良いと感じる方もおられるかもしれません。

しかし、その認識は間違いです。 自己破産は人生に1度だけの救済措置であり、安易に選択すべき手続きではありません。 仮に自己破産を申し立てて、免責が認められたとしても、次に申し立てを行えるのは7年後です。 これは法律で決まっています。 つまり、自己破産後、再び借金を繰り返し、短期間で自己破産は出来ない事となっているのです。 では、短期間で借金を増やすとどうなるかというと、自力返済です。 どんなに借金が膨大なものであっても、自己破産の手続きが出来ませんので、自力返済する他ないのです。

それに自己破産を選択すると、一定額の財産を処分しなければいけません。 これはお金に限らず、保険や退職金も含まれます。 住むために必要な自宅や仕事用の乗用車も、資産と見なされると処分する事になります。

断っておきますが多重債務者に自己破産を選択するなと言っているのではありません。 自己破産は安易に選ぶべきではなく、最後の最後に残しておくべき手続きと言いたいのです。

キャッシングで100万以上の借金がある方は、今の段階で債務整理に踏み切り、自己破産を出来るだけ回避する事をおすすめします。

About